大正大学創立90周年記念特別企画「地域を書く」

開催趣旨(2016年7月発表)

 大正大学は1926年に旧大学令に基づいて、大学として全国で21番目に設立されました。おかげさまで、2016年11月5日に創立90周年を迎えます。本学ではこの記念すべき年に新たに「地域構想研究所」を設置して、日本の地域活性化さらには日本の次世代を担う、社会に貢献できる人材を育成しようと新たな試みに挑戦しています。また、2015年9月より、「地域の活性化を担う"地域人"が主役」というコンセプトのもと、月刊誌『地域人』を発刊し、地域で活躍する多くの人々から得た、前向きで積極的な"生"の情報を発信しています。

 大正大学書道研究部の部員が運営してまいりました全国書道展は、皆様のご支援ご協力を頂いてなんとか続けてくることができました。本年で65回目を迎えます。展覧会開催を通して全国各地の書の愛好者と繋がってくることができたように思います。これからも、「書」を機縁とした結びつきを続けていくことができれば、これほど嬉しいことはありません。

 このたび、創立90周年を迎え、大正大学は「地域」と共に歩んでいこうと新たなスタートをきりました。そこで、書道研究部主催の特別企画として、「地域を書く」と題し、全国のみなさんから「地域」にまつわる書作品を募集したいと思います。ふるさとの方言詩や地元の偉人の言葉、名産品やご当地キャラクター等々、多様な「ことば」が集まり、書と地域と大学と、新たなつながりが生まれることを祈っております。

 

平成28年7月吉日

大正大学書道研究部

 

地域人賞 大賞 山舘茂さん(宮城県) 受賞作品

情報誌『地域人』第15号に「地域を書く」企画について記事を掲載していただきました。

http://chikouken.jp/chiikijin

ダウンロード
90「地域を書く」.pdf
PDFファイル 358.4 KB